立江寺でのテンプルステイ

徳島県小松島市にある立江寺さんにやってきました。

立江寺さんのテンプルステイは色々体験できるのが魅力です。

まず、そば作り体験。

様々な地域から集った参加者と自己紹介をしながらの共同作業。

和気あいあいと楽しみながらそばが完成しました!

夕食時に頂きます。その前におつとめへ。

先ほどとは空気は一変。厳粛な空気に包まれます。

約1時間のおつとめを終えた後は、いよいよ待ちに待った夕食です!

自分たちが作ったそばと精進料理を囲み、会話に華が咲きます。

夕食をとり、一息ついた後は阿字観です。

阿字観の掛け軸の前にある円形の小さな座蒲団に腰掛け、足を組みます。

作法はすべてお坊さんが丁寧に教えてくれるので、心配はありません。

息を吸って、はいて、吸って、はいて、、、

こんなにゆったりとした時間を過ごすのはいつぶりでしょうか。とても不思議な時間でした。

1日目はこれで終わり。2日目は朝5時起きなので、早めに就寝。

2日目はお掃除から始まります。昨日利用した本堂も丁寧にモップをかけます。

静粛な空気に一気に眠気が覚めました。お寺に泊っているという事を改めて実感します。

掃除を終えたら、ヨガ体験。

ヨガは初めてだったのですが、先生が丁寧に教えてくれました。

意外と難しいこのポーズ。みんな苦戦してました。

今日もプログラムが盛りたくさん。

ヨガで一汗かいた後に、朝ご飯をとり、「ミニ四国88カ所トレイル」に出かけます。

ミニ四国88カ所トレイルとは、四国霊場を1000分の1の規模(全長約1,500m)に縮小した巡拝コースです。八十九ヶ寺(三十番札所は二つあるため)をチェックポイントとして順に回っていきます。

天気にも恵まれ、気持ちよく参拝できました。それでも山道を1.5km歩くわけですから、そこそこ疲れます。

本当の四国八十八ヶ所は、この1000倍の距離を歩く訳ですから、想像もできません。

トレイルの後は、最後のプログラムの写経です。

字のキレイ、汚いは関係ないとの事。

とにかく、一文字一文字丁寧に集中して写していきます。

立江寺さんのテンプルステイでは、普段中々体験できない事をたくさん体験させて頂きました。

今回の参加者は下は10代から、上は80代と、様々な年齢層の方が参加されましたが、全員大満足だったようです。普段会えないような方を会えるのもテンプルステイならではの体験でした。

立江寺のしだれ桜。四季折々の景色を楽しむのもテンプルステイの楽しみ方のひとつかもしれません。


Featured Posts
Recent Posts